キャットフードの種類 キャットフードの選び方

ウェットフードの選び方・与え方

更新日:

猫のウェットフードとは?与え方や保管方法の説明も

猫に与えるご飯といえばキャットフードですが、キャットフードには大きく分けて「ドライフード」、「ウェットフード」、「セミモイスト」の3種類があります。

猫の毎日の主食として一般的なのはドライフードですが、たくさんのメリットがある「ウェットフード」についても理解しておく必要があるでしょう。

猫のためにもどんなメリットがあるのか、何を基準に選ぶと良いのかなど疑問点があるかと思います。

この記事では「ウェットフード」の特徴などを説明しています。

猫のウェットフードとは?与え方や保管方法は?

キャットフードの種類のひとつ「ウェットフード」とは

ウェットフードは様々な味があり、猫にとって食べやすいキャットフードです。

一般的には、75%以上の水分を含んだキャットフードをウェットフードとしています。

魚や肉をほぐした形状のウェットフードは、主に缶詰やパウチなどで販売されています。

そしてウェットフードには「水分含有量が高い」、「種類が多く食いつきが良い」、「消化吸収もバツグン」という特徴があります。

猫は本来あまり水分を摂らない動物なので、特に「水分含有量が高い」というのは水分補給にもなる大きなメリットなのです。

猫は基本的にとろみのあるものを好む傾向があります。

味の種類やとろみのついているものが多いウェットフードは、好き嫌いの多い猫にもピッタリの食事でしょう。

ウェットフードは原材料の匂いや食感が残っていることもあり、猫にとって満足度が高いのです。

そのようなことから、キャットフードの中でもウェットフードが最も猫の食いつきが良いと言われています。

一般的にウェットフードはおやつとして与えることの多いフードですが、「総合栄養食」と表示がされているものは主食として与えることもできます。

またウェットフードには「フレークタイプ」、「パテタイプ」、「シチュータイプ」など種類が豊富といった特徴があります。

ウェットフードにもいくつかの種類があることで、猫の好みにも対応しやすいでしょう。

フレークタイプ

ツナ缶のツナのような形状をしたフードで、魚を原材料に使用しているものが多いです。

食感が良く食べごたえがあることから、食いつきの良さに期待できるでしょう。

缶に入って販売されていることが多く、種類が豊富で価格が安いのが特徴です。

水分補給にもピッタリなタイプで、ドライフードにトッピングしたり、おやつとして与えたりするのがおすすめです。

パテタイプ

ペーストやムースの形状をしたフードで、数種類の原材料を混ぜ合わせて作られているものが多いです。

柔らかくて食べやすく、離乳食としても与えやすいでしょう。

アルミトレイに入って販売されています。

フレークタイプよりも混ざりやすいので、食いつきが悪いドライフードに混ぜて与えてあげましょう。

子猫の離乳食や歯の弱くなったシニア猫に与えたいときは、お湯を混ぜてペースト状にするとさらに食べやすくなります。

また投薬を嫌がる猫には、お薬を包んで与えるといった工夫もできます。

スープ・シチュータイプ

大きめの素材を煮込んだものが多く、とろみがついたフードです。

水分量が非常に高く、味の種類も豊富なウェットフードです。

レトルトパウチに入って販売されているものが多いです。

スープ・シチュータイプのウェットフードは、お湯の代わりにドライフードをふやかすこともできますし、おやつとしても役立ちます。

また温めれば香りが強くなるので、食欲がない猫のご飯として与えるのも良いでしょう。

猫のウェットフードの選び方

ウェットフードの特徴など書きましたが、たくさんの種類や形状があってどんなものを選んでいいのか迷いますよね。

ここでは与える際の基準をいくつか紹介していきます。

ウェットフードを選ぶときは「無添加」、「動物性タンパク質」、「穀物不使用(グレインフリー)」、「目的に合ったもの」がポイントになります。

無添加

人間の食べ物と同じように、キャットフードにも、保存性や嗜好性の向上を目的に保存料や着色料、香料などの添加物が含まれていることが多くあります。

特に水分の多いウェットフードは、できるだけ日持ちさせるために添加物が使用されているものが多数です。

すべての添加物が猫の体に悪影響を与えるかどうかを断定することはできませんが、フードに含まれる添加物は本来必要とする栄養素以外のものであり、極力摂取を避けたいものでもあります。

添加物が一切使用されていないフードを見つけるのは難しいので、できるだけ添加物が少なく、原材料にこだわっているものを選んであげることが大切です。

動物性タンパク質

メインの原材料が肉類や魚類であるかどうかも、ウェットフード選ぶうえでのポイントのひとつです。

ウェットフードは水分が多い分、タンパク質や脂質などの栄養素が相対的に少なくなってしまいます。

肉食動物である猫はにとって、動物性タンパク質は欠かせない栄養素です。

主原料として、良質な肉や魚を豊富に使用しているウェットフードを選ぶようにしましょう。

穀物不使用(グレインフリー)

肉食動物である猫は、穀物の消化が得意ではありません。

少量であれば問題はないという考え方はありますが、過剰に摂取すれば腸内環境を悪化させる恐れもあります。

子猫の頃から長期的に摂取していると、穀物アレルギーを起こしやすくなるとも言われています。

このようなリスクを回避したい場合は、麦や米などの穀物が含まれていないウェットフード選ぶのが良いでしょう。

目的に合ったもの

総合栄養食が多いドライフードとは異なり、ウェットフードには一般食や栄養補完食と言われるものが多いのも特徴です。

総合栄養食以外は、おやつや間食として与えるフードであると言えます。

栄養面では大きな違いがあるので、それぞれの用途をしっかりと理解して適したものを選ぶ必要があります。

総合栄養食

栄養基準局(AAFCOやFEDIA)の基準を満たしたフードで、猫の主食として使用します。

新鮮な水と一緒に与えるだけで、1日に必要な栄養素を摂取できます。

一般食

猫に必要な栄養を一定の基準で満たしているフードです。

缶詰やレトルトのフードの多くが、この一般食に該当します。

ただし、一般食だけを与えていると栄養素の不足が起こってしまいます。

総合栄養食のフードを食べないときや、食欲が低下しているときにトッピングとして使うと良いでしょう。

栄養補完食

特定の栄養やカロリーの補給、食欲増進など栄養管理を目的にしたフードのことです。

ドライフードなど総合栄養食と併用されることが多いですが、種類が多く嗜好性や水分摂取量を高めたい場合におすすめです。

療法食

猫の特定の症状や体質の改善に用いられるフードです。

症状や猫の体質ごと商品はわかれていて、それぞれ成分が調整されています。

注意しておきたいのは、療法食単体では、病気そのものを治すことは難しいということです。

あくまでも治療の補助的なものと考えるが良いでしょう。

猫にはウェットフードだけ食べさせても大丈夫?

ウェットフードは主食よりも、おやつやご褒美として与えるイメージを持っている方も多いかもしれません。

実際に、一般社団法人ペットフード協会が実施した猫の主食についての調査で、ドライフードが44.8%、ウェットフードが1.9%であるという結果が出ています。

このことからも、ウェットフードを主食として与えるという考えが少数派なのが分かります。

しかし中にはウェットフードしか食べない猫もいるでしょう。

もともとカリカリが苦手な猫もいるので、好みの問題で最初からドライフードを口にしない場合もあります。

愛猫がウェットフードしか食べないと、心配になる飼い主さんもいるのではないでしょうか。

実は猫の食性を考えるなら、ドライフードよりもウェットフードのほうが適していると言うことができます。

野生の猫の主食はネズミやカエルなどの生き物です。

生き物の体の約70%が水分ということからも、猫が本来食べているものはウェットフードに近いのです。

さらに猫は進んで水分補給をしない動物です。

ウェットフードを与えることで、慢性的な水分不足の予防にも繋がります。

水分不足を予防すれば、猫に多い腎臓病や下部尿路疾患の対策にもなります。

そのため、ウェットフードだけを与えていても、特に問題はないでしょう。

しかしウェットフードなら何を与えてもいいわけではありません。

ウェットフードを主食として与える場合は、必ず「総合栄養食」のものを与えてください。

総合栄養食のウェットフードであれば、猫に必要な栄養素がすべて含まれているので、常食にしても問題はありません。

そして、主食に向いていないのが「一般食(副食)」のウェットフードです。

一般食のウェットフードは、主におやつやトッピングに使用するフードになります。

嗜好性には優れていますが、栄養価は総合栄養食に比べて劣りますので、一般食のウェットフードばかり食べさせていると、栄養不足で猫は体を壊してしまいます。

ウェットフードを主食にする際にはラベルを確認し、「総合栄養食」と表記されているものを選びましょう。

ウェットフードを与えることには問題はありませんが、注意点もあります。

ウェットフードや缶詰は、ドライフードより値段が高く設定されているため飼い主さんの負担になることがあります。

またウェットフードなどの柔らかいものばかり食べていると、ドライフードを食べている猫に比べて歯が弱くなりがちなのです。

どうしてもドライフードを食べなくなってしまったときにウェットフードを与えてみる、次の食事のときにはドライフードに戻してみるなど、臨機応変に対応するのが良いかもしれません。

-キャットフードの種類, キャットフードの選び方

Copyright© キャットフードナビ , 2019 All Rights Reserved.