安全なキャットフードの選び方

キャットフードナビ

キャットフード

オリジン

更新日:

オリジンキャットフード

オリジンは猫本来の食性を考えて作られた、肉食動物のためのプレミアムキャットフードです。

オリジンキャットフードには現在4種類のラインナップがあり、ビーフやイノシシ、ラムを原材料とした「レジオナルレッドキャット」、6種類の天然魚を原材料とした「6フィッシュキャット」、鶏肉をメインの原材料とした「キャット&キトゥン」と「フィット&トリムキャット」があります。

4種類はいずれも、生産国であるアメリカで、地元の信頼できる生産者にこだわった新鮮かつ高品質な原材料を使用し、専用の自社キッチンで製造されています。

すべてのオリジンキャットフードは「生物学的に適正」という理念に基づき、猫が本来必要とするタンパク質に富んだキャットフードとして製造されています。

これは、ホールプレイと呼ばれている、原材料の栄養比率を活かした独自の配合比率で、新鮮な肉、内蔵、骨、軟骨、骨髄など肉食動物が本来求める栄養素が理想的なかたちで摂取できるフードである点などにも現れています。

4種類のオリジンキャットフードはいずれもタンパク質量が40%以上であり、これは現在流通しているプレミアムキャットフードの中でも最高ランクの数値です。

また、すべてのオリジオンキャットフードは穀類を含まないグレインフリーですが、グレインフリーのフードに多くみられる、ジャガイモやタピオカなどの血糖値を急上昇させる高GI食材の使用を行っていない点も特徴です。

ビタミン類の添加も最小限に抑え、亜鉛と銅の2種類のみが添加されています。

これは自然の素材の栄養を逃さない低温調理によって作られたオリジンは、多くの添加栄養を必要としないためです。

もちろん、遺伝子組換え原材料や動物副産物は一切不使用、さらにBHAやBHT、エトキシンなどの合成保存料も使用してない無添加のキャットフードです。

すべてのオリジンキャットフードは、製造の過程で一切水を加えていないことも特徴です。

原材料である新鮮な肉や魚、野菜、果物から出る栄養がたっぷり含まれた天然ジュースで、90℃の低温スチームを行っています。

これにより新鮮な食材が本来持つ味と栄養を損なうことがありません。

1.8kgで税抜6300円と決して買いやすい価格のキャットフードではありませんが、猫の健康のために、高価な分の価値のあるプレミアムキャットフードとして国際的に評価されています。

ここからは、オリジンキャットフードの個別のラインナップを説明していきす。

「レジオナルレッドキャット」はアンガスビーフ、イノシシ肉、ヤギ肉、ラム肉、豚肉、太平洋サバなどのバラエティに富んだ新鮮な原材料を全体の90%に使用しています。

これらバラエティに富んだ原材料を90%という非常に高い割合で配合することで理想的な高タンパクを実現するだけでなく、好き嫌いの激しい猫にもおすすめできる嗜好性を追求しています。

「6フィッシュキャット」は大西洋サバ、ニシン、カレイ、アカディアンレッドフィッシュ、アンコウ、シルバーヘイクなど6種類の魚を原材料の90%に使用しているキャットフードで、魚が好きな猫におすすめです。

原材料として使用される魚は2/3が天然の生の魚で、1/3はタンパク質などの栄養素が濃縮された乾燥魚です。

魚をメインの原材料としている「6フィッシュキャット」は、猫の免疫や神経系の健康維持に不可欠なDHAやEPAなどの脂肪酸を豊富に含んでいます。

「キャット&キトゥン」は、原材料として鶏肉、七面鳥、イエローテイルカレイ、全卵、丸ごと大西洋サバ、鶏レバー、七面鳥レバー、丸ごと大西洋ニシン、鶏心臓、七面鳥心臓、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレート丸ごとサバ、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート七面鳥レバーなどを使用してます。

ディハイドレート肉というのは新鮮な肉を低温で時間をかけて乾燥させ、水分を飛ばした肉で、原材料全体の1/3に使用されています。

猫本来の食性に訴える高い嗜好性を実現しているでだけでなく、シリーズの中でも特にタンパク質と脂肪由来のカロリーが高く、成長期の子猫や運動量の多い活発な猫におすすめできるキャットフードでしょう。

「フィット&トリム」は肥満気味の猫のウェイトコントロールにおすすめのプレミアムキャットフードです。

健康的で筋肉質なスリム体型のために、豊富なタンパク質と適度な脂肪を含み、炭水化物は制限されています。

原材料は鶏肉、鶏レバー、七面鳥レバー、七面鳥肉、全卵、アブラガレイ、七面鳥心臓、丸ごと大西洋ニシン、鶏心臓、タラレバー、ディハイドレート鶏レバー、ディハイドレート七面鳥レバー、ディハイドレートイワシ、ディハイドレート鶏肉、ディハイドレート七面鳥肉、ディハイドレートニシンなどで、全体の85%の割合で使用されています。

4位:オリジン(ORIJEN)キャットフード

キャットフードの特長

  • カナダ産ヒューマングレード原料
  • グレインフリー(穀物を不使用)
  • 合成保存料・人工添加物無添加
評価項目 評価(10/10)
原材料 10
安全性 10
嗜好性 10
コスパ 5
口コミ・評価 7

オリジン(ORIJEN)キャットフードはこんなキャットフード

オリジンはプレミアムキャットフードの中でも、こだわり抜いた特に非常に高品質な原材料を使用しているキャットフードです。

信頼する生産者から調達された地元の新鮮な食材は、最先端のキッチンでキャットフードとして調合されます。

現在は「レジオナルレッドキャット」「6フィッシュキャット」「キャット&キトゥン」「フィット&トリムキャット」の4種類のラインナップが展開され、それぞれメインの原材料に違いがあります。

それぞれを簡単に説明すると、「レジオナルレッドキャット」はビーフやイノシシ、ラム、「6フィッシュキャット」は6種類の天然魚、「キャット&キトゥン」と「フィット&トリムキャット」は鶏肉をメインの原材料にしています。

すべてのオリジンキャットフードは「生物学的に適正」という理念に基づき、オリジンは猫が本来必要とする肉とタンパク質に富んだキャットフードとして製造されています。

グレインフリーのフードでは多くみられる、ジャガイモやタピオカなどの血糖値を急上昇させる高GI食材の使用を行っていない点も特徴です。

また、ビタミン・ミネラルも最小限に亜鉛と銅の2種類のみが添加されています。

これは自然の素材の栄養を逃さない低温調理で加工するため、必要な栄養素が原材料のみで十分に満たされているためです。

グルテンフリー グレインフリー ヒューマングレード 人工添加物不使用 肉メイン 魚メイン 

原産国 カナダ・アメリカ
対応ライフステージ 全年齢
通常購入価格 6,300円
内容量 1.8kg
体重5kgの成猫1日あたりの価格 約266円

編集部からのコメント

オリジンはプレミアムフードの草分け的な存在です。
原材料は全て放し飼いされた鶏肉や七面鳥肉、天然魚、巣に産み落とされた卵など、手間をかけて育てた健康的なヒューマングレードの食材のみを使用しています。
タンパク質を40%、炭水化物(全て低GI)を19%以下という栄養素の配合は、野生から進化した現代の家猫に理想的な配合です。

-キャットフード
-, ,

Copyright© キャットフードナビ , 2019 All Rights Reserved.