キャットフードの評価と解説

モグニャンの評価と安全性や口コミ・評判ついての解説

更新日:

モグニャンは、あのカナガンの輸入会社が開発したプレミアムキャットフード。

ネットではやたらと高評価ですが、果たして本当にそれほど優れているのでしょうか。

モグニャンの原材料、安全性、評判、値段など、様々な疑問について解説します。

モグニャンの基本情報

モグニャンの基本情報

評価項目 評価(10/10)
原材料 10
安全性 10
嗜好性 9
コスパ 9
口コミ・評価 9

ココがポイント


  • 白身魚を63%使用した高タンパクな栄養バランス
  • 穀類不使用
  • 人間が食べられる食材だけを使用
  • 人工添加物不使用
  • イギリスの安全基準の高い工場で生産

対応ライフステージ 全年齢
販売価格 3,960円(定期購入:3,564円/月)
体重4kgの成猫1日あたりの価格 約110円
内容量 1.5kg
主原料 白身魚(タラ)
穀類 不使用
酸化防止剤 自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)
ミール・副産物 不使用
合成酸化防止剤 不使用
合成香料・合成着色料 不使用
原産国 イギリス
販売元 株式会社レティシアン

編集部によるモグニャンの総評

モグニャンは白身魚の動物性タンパク質をメインにしたキャットフードです。米・小麦・コーンなどの穀類を一切使用していないので、グレイン・グルテンを気にする猫にも与えることができます。代わりに低GIのサツマイモなどで炭水化物を補っています。その他に有益な野菜・果物・ハーブを配合しており、ビタミン・ミネラルの面でも申し分ありません。人工添加物も不使用です。

やや塩分が高めに感じますので、腎臓病や下部尿路疾患、アレルギーなど疾患を持っている猫には控えたほうがよいでしょう。

モグニャンの原材料と安全性を徹底分析

ネットでは賛否両論のモグニャンですが、果たして本当はどんなキャットフードなのか。

ネットのいい加減な情報や噂に流されず、モグニャンの原材料を分析しながら品質や安全性をホンネで語ってみたいと思います。

新鮮な白身魚64%使用!理想的なタンパク質量

モグニャンは原料にタラを中心とした新鮮な白身魚をガッツリ64%使用しています。白身魚は良質なタンパク質の供給源であるだけでなく、良質なオメガ3脂肪酸やコラーゲンの宝庫。食品廃棄物であるフィッシュミールや副産物は使用していません。

粗タンパク質は30%と多すぎず、少なすぎず、全成長段階の猫にちょうど良いバランスの配合です。

ヒューマングレード・人工添加物無添加

モグニャンは人間が食べられるヒューマングレードの原材料だけを使って、安全基準の厳しいイギリスの工場で人間の食品レベルを保った工程を経て生産されています。

危険な人工添加物(発がん性がある酸化防止剤、アレルギー性皮膚炎を引き起こす香料や着色料)は一切使用せず、代わりの酸化防止剤として安全なビタミンEを使っています。

療法食やアレルギー対策のフードではありません!

勘違いしている人が多いのですが、モグニャンはアレルギー対応食ではありませんので、アトピーやアレルギーを持つ猫に与えることはできません。

グレインフリーですので小麦アレルギーやグルテンに反応する猫には対応していますが、原材料の白身魚、エンドウ豆などにはアレルギーがあります。
また、アレルギー性皮膚炎を引き起こす香料や着色料を使っていないからといってアレルギーを引き起こさないというわけでもありません。

療法食でもありませんので、腎臓病や下部尿路疾患などの病気の猫の治療やケアには使うこともできません。

グレインフリーではありますが…

欧米ではグレインフリー(穀類不使用)が大流行していますが、これは穀類の消化よりも肉の消化に優れた狩猟民族だからこそ。狩猟民族に飼われてきた猫は穀類の消化が苦手であるという理論なのです。

モグニャンはそうしたニーズにも対応して穀類(米、小麦、コーンなど)は一切使っていませんが、穀類のアレルギーがない限り気にするポイントではありません。

また、小麦からできるタンパク質のグルテンも含まれないのでグルテンフリーでもありますが、グルテンを気にするのはセリアック病かグルテンが狩猟民族の体に悪いと考える一部の人だけですので、これも気にする必要はありません。

モグニャンの原材料表と成分表

原材料表

原材料を見る限り、ミール・副産物の使用はありません。健康リスクのある人工的な酸化防止剤、香料、着色料も使用されていません。

原材料

白身魚63%、サツマイモ、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル類(硫酸第一鉄水和物、硫酸亜鉛一水和物、硫酸マンガン一水和物、硫酸銅(Ⅱ)五水和物、亜セレン酸ナトリウム)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE)、ビール酵母、オリーブオイル、アマニ、アルファルファ、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ

白身魚

白身魚は高タンパク低脂肪かつ、非常に多くのオメガ3脂肪酸、コラーゲンを含んでいます。
また、白身魚はアレルギーの原因になりにくく、安心して与えられる食材でもあります。

サツマイモ

サツマイモには食物繊維のほか、ビタミンC、カリウムが豊富に含まれています。
腸内環境を整えたり、高血圧の抑制効果が期待できます。また、最近の中国の漢方研究者の発表によると抗がん作用も期待できるそうです。

豆類(ひよこ豆、レンズ豆)

植物性のタンパク質と炭水化物が豊富な豆類は、肉と同程度のタンパク質を摂取することができ脂質も少ない優秀な食材です。
植物性のタンパク質や炭水化物は消化できないと論じているサイトがありますが、それは間違いで、加熱や加工をすればタンパク質も炭水化物も問題なく消化・吸収できます。

サーモンオイル

必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸を豊富に含むサーモンオイルは、代謝を促し皮膚や被毛の健康を保ちます。

成分表

猫は雑食の犬と異なり、完全な肉食動物ですのでタンパク質量の多い食事が理想的。特に成長期の子猫は高タンパク・高カロリー、成猫~シニア期では高タンパク・低カロリーのフードが必要です。

モグニャンは全成長段階に対応するように開発されているので、高すぎず低すぎないタンパク質と脂肪分で丁度よいカロリー量となっています。

米国飼料検査官協会AAFCOが定める基準値はタンパク質が子猫30%以上・成猫26%以上、脂肪分が子猫9%以上・成猫9%以上ですので、栄養バランスの基準は問題なくクリアしています。

ただ一つ気になるのが、塩分を表すナトリウムの成分量の記載がないことです。

食いつきの良いペットフードは塩辛い味付けにしてあることが多く、モグニャンも実際に舐めてみると強い塩味を感じます。

塩分をほとんど必要としない猫にとって、この塩分量は多すぎるかもしれません。

粗タンパク質 30%
粗脂肪 16%
粗繊維 3.5%
粗灰分 7%
水分 7%
オメガ6 1%
オメガ3 2.1%
エネルギー(100gあたり) 365kcal

モグニャンの安全性について

モグニャンはBHA、BHTなどガンのリスクが高い酸化防止剤や、アレルギー性皮膚炎を引き起こす着色料、香料など、猫の健康を害するような人工添加物は一切含まれていません。

ミールなどの粗悪と思われる原材料も使用されていません。

また、穀類不使用(グレインフリー)ですので、小麦(グルテン)を含む穀類の摂取が気になる猫に安心して与えることができますが、穀類のアレルギーがない限り気にする必要はありません。

白身魚やエンドウ豆にはアレルギーがあります。

食いつきを良くするために、塩分がやや高めなので、腎臓病や下部尿路疾患を始めとする病気を持つ猫は要注意です。

安全基準の高い工場で生産

モグニャンは国内のブランドですが生産はイギリスです。
原材料の品質管理から加工、出荷まで一貫してFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しい基準を満たしたペットフード専門工場で行われています。

全ての製造工程を人間用の食品規格で行っているため、愛猫に安心して与えることができます。

品質保証 | GA Pet Food Partners

モグニャンの1日の給与量

モグニャンは赤ちゃんからシニア猫まで、オールステージに対応しており、パッケージには子猫と成猫の2パターンのメーカー推奨の給与量が記載されています。

これは他のキャットフードにも言えることなのですが、実はメーカー毎に想定している猫の必要カロリー量にズレがあるため、メーカーの推奨量を鵜呑みにして与えてしまうと太ってしまう場合があるので要注意です。
これはキャットフードを切り替えたときに起きがちなことですので、飼い主が猫ごとに適切な必要カロリー量を把握して調整してあげる必要があるのです。

通常ならここにメーカー推奨量を載せれば済むことですが、キャットフードナビではもう少し踏み込んで、獣医師が推奨する給与量も一緒に記載してみることにします。

表ではモグニャンのカロリー365kcal/100gとして計算しています。

成猫への1日の給与量

実際にはダイエット中、シニア期、避妊・去勢手術の有無、室内飼いなどの要因も勘案して細かく計算する必要がありますが、ここでは避妊・去勢手術をした成猫で計算しました。

もっと細かいカロリー計算をしたい方は、下記のリンク先かスマホアプリが便利です。

ネコのカロリー計算Ver3.0|獣医師広報板(R)

体重 必要カロリー メーカー推奨量 獣医推奨量
1~2.5kg 84~167kcal 35~45g 23~45g
2.5~3.5kg 167~215kcal 45~55g 45~58g
3.5~5.0kg 215~281kcal 55~70g 58~76g
5.0~6.5kg 281~342kcal 70~85g 76~93g
6.5~8.0kg 342~400kcal 85~110g 93~109g
8.0~10kg 472~472kcal 110~130g 109~129g

こうして比べてみるとメーカーが推奨する1日の給与量が概ね適正だということが分かります。

以前、「モグニャンはわざと給与量を多めに設定して買い足しのサイクルを早めている」という中傷記事を見かけたことがあるのですが、そうした記事がいかにいい加減であったか、この表を作って分かりました。

子猫への1日の給与量

一般には成長期にある子猫は生後6月まではバランスの取れた高栄養、6ヶ月以降は高カロリー・高栄養な食事が必要とされています。

生後12か月以降は成猫用フードに切り替えます。

月齢 必要カロリー メーカー推奨量 獣医推奨量
1~2ヶ月 104~175kcal 35~50g 28~47g
2~3ヶ月 175~213kcal 50~60g 47~58g
3~4ヶ月 213~272kcal 60~70g 58~74g
4~6ヶ月 272~348g 70~80g 74~95g
6~10ヶ月 348~448g 80~90g 95~122g
10~12ヶ月 448~495g 90~100g 122~135g

6ヶ月目あたりから獣医師推奨量とのズレがでていますが、これは想定した体重のズレによるものです。

これを別な獣医師に確認したところ、実際にはメーカー推奨量で問題ないようです。

モグニャンの最安値は?楽天・Amazon・公式を比較

どんなに良いフードでも継続しなければ意味がありません。

ですので、ずっと買うならできるだけ安いところで買いたいものです。

モグニャン1袋(1.5kg)の最安値を楽天・Amazon・公式での販売価格を比較し、最安値を調べてみました。

価格 送料 合計
楽天 × × ×
Amazon 4,600円 無料 4,600円
公式 3,564円* 640円 4,204円

*キャンペーン価格適用

上の表は、それぞれのサイトで1袋を購入したときの価格(税別)です。公式では640円の送料がかかりますが、Amazonより約400円安くなっています。

楽天の販売価格

現在、楽天でのモグニャンの販売はありません。

Amazonの販売価格

Amazonは4,600円で通常配送無料です。

また、Amazonプライム会員ならお急ぎ便も無料で利用できるので、うっかり買い置きが切れた場合に便利です。

公式サイトの販売価格

公式サイトでの1袋の価格は通常3,960円ですが、いつも割引キャンペーンを行っており、実際には1袋10%OFFの3,564円で購入できます。

購入数 割引率 キャンペーン価格
1袋 10%OFF 3,564円
2袋以上 15%OFF 3,366円
6袋以上 20%OFF 3,168円

送料は全国一律640円ですが、一回の注文3個以上で無料となります。配送には3日~1週間かかります。

注意したいのがモグニャンは継続して与えることを前提としたキャットフードですので、商品の購入も継続購入となること。

お届け周期は「1週間ごと」から「13週間」ごとまで1週間単位で選べ、お届け個数も自由に変更できるのですが、休止か解約しない限り次の商品が届いてしまいます。

休止・再開、解約はいつでも電話またはマイページで行うことができるので、必要なければ休止・解約しておけば良いでしょう。

筆者の場合はお金に余裕があるときに6個まとめて購入しておいて、届いたら次回のお届けを休止することにしています。

現状でこれが一番安上がりだと思いますが、せっかく買っても猫に合わなければ意味がありません。

初めて購入する場合は1個で様子をみて、合わなければ解約するのが吉です。

なぜか店頭販売されていないモグニャンの謎

モグニャンの最大の難点はスーパーでもホームセンターでもペットショップでもデパートでも買えないこと。実はモグニャンは通販オンリーで小売店での販売を行っていないんです。

時代の流れで実店舗がどんどん消えていく中とはいえ、やはり商品を手に取って店員と対面しての買い物の方が安心するというもの。通販だけなんて怪しすぎです。

アフィリエイトサイトの苦しいいいわけ

この理由をネットで調べると、多くのアフィリエイトサイト(広告収入だけを目的に作られた内容のないサイト)が検索にヒットしますが、どれも情報ソースの怪しい記述ばかり。

モグニャンには添加物や人工の酸化防止剤が使われていないため賞味期限が短く、ペットショップに流通させるとセールの対象になり品質を維持出来なくなる

それが本当なら、同じく人工の酸化防止剤不使用のオリジン、アカナなどのプレミアムフードは何故店舗販売しているのでしょう。

どうやら、これは事実ではなく、一部のアフィリエイター(広告収入を目的としたサイト制作者)の創作のようです。

モグニャンが店舗販売されていない本当の理由

モグニャンが店舗販売されていないことについての公式の回答は以下の通りです。

流通にかかるコストや日数をできるかぎり省き、少しでも新鮮なフードを、少しでも手頃な価格でご提供したいと考えるからです。また、いつ・どなたに・どれだけフードをお届けしたかを全て私たちで把握できるので、お客様からのご相談やお問い合わせに迅速・正確にお答えすることができます。

しかし、これはタテマエで、実際の理由はもっと単純。大手メーカーが支配する小売店市場で戦うよりも、ネット通販で戦った方が低コストで大きな収益を生み出せるからです。

実際、小売店市場に進出したとしても、ネスレや日清のような小売店との結びつきが強く、TVCMをガンガン打つような企業に新興企業が勝てるはずもありません。

ネット市場は参入障壁が低く、戦略次第では大手よりも有利に戦うことができます。

また、モグニャンの販売会社はカナガンのネット販売での成功体験があるため、そのノウハウを持っているのです。

モグニャがステマって本当?

一部のネットユーザーの間ではモグニャンがステマ(広告だとわからないように宣伝すること)をしていると非難されていますが、これはおかしな話です。

擁護するわけではありませんが、企業が商品を宣伝・広告をするのは当たり前のことですし、広告業者が商品を褒めちぎるのは当然のことです。

また、広告だと宣言せずに商品を紹介することがステマであり悪であるとするなら、TVや雑誌でスポンサーの新商品や新作映画を紹介する人もステマですし、ファッション誌で紹介する洋服は全部ステマですが、そのことを知ってか知らずか目くじらを立てる人はいません。だからステマなのかもしれませんが。

問題は、モラルのない一部のアフィリエイターが報酬目当てで評価を意図的に操作したり、過大広告のような記事を書いていることです。決してメーカーが嘘をついたり、騙したりしているわけではありません。

アフィリエイターにはモラルを持った活動してもらいたいものですが、ネットの記事のほとんどがフェイクとコピーというこの時代、私たち飼い主には真実と嘘を見抜く目が求められているのかもしれません。

モグニャンのQ&A

最後に、誰に聞かれたわけでもありませんが、モグニャンについての素朴な疑問をQ&A方式でまとめてみました。

Q.モグニャンの賞味期限はどれくらい?

モグニャンの賞味期限は未開封で製造日から18ヶ月。開封後は、出来るかぎり早めに使い切ってください。

モグニャンは人工的な保存料が入っていません。劣化してはせっかくのナチュラルフードも意味がありませんので、開封後は遅くとも1ヶ月以内に使い切りましょう。

Q.モグニャンの保管方法は?

モグニャンの公式では「開封後はしっかりと密閉し」とありますが、実際の商品はマジックテープで開け閉めを行うヘンな仕様になってます。

当然、完全密封はできないので、個人的にはストッカーやジップロックに移して湿気を避けて、冷暗所で保管が良いと思います。

Q.モグニャンの粒(キブル)の大きさはどれくらい?

モグニャンの粒は直径5㎜、長さ7㎜の円筒形をしています。

Q.モグニャンは全年齢対応って言ってるけど、本当に子猫が食べても大丈夫なの?

モグニャンは離乳の済んだ1ヶ月齢の子猫から与えることができます。幼い猫でも食べられるサイズと硬さと思われますが、慣れるまではモグニャンをぬるま湯でふやかして与えた方がいいかもしれません。

子猫に必要なカロリーと栄養素は十分補えます。ただ猫皿に盛ったときの量が結構多いので焦ることうけあいです。

Q.モグニャンは全年齢対応って言ってるけど、本当にシニアが食べても大丈夫なの?

モグニャンは粗タンパク質30%ですので、シニアにも最適なタンパク質量を補うことができます。噛む力や歯が弱くなっている場合は、ぬるま湯でふやかすと良いでしょう。

モグニャンを腎臓の弱い猫にあげても大丈夫?

良いともダメとも言えません。モグニャンは療法食ではありませんし、腎臓への負担を軽減する目的でも作られていません。

一般に腎臓のケアにはタンパク質、リン、ナトリウム、マグネシウムの摂取量を下げる必要があるほか、phバランスも保たなければいけません。必ず獣医師に相談の上、与えるようにしましょう。

モグニャンに変えたら下痢・嘔吐した、体調を崩した

いきなりキャットフードを切り替えると消化器官に負担がかかり、下痢や嘔吐をすることがあります。

この場合は、現在のフードにモグニャンを少しずつ混ぜていき、ゆっくりと切り替えを行うことで回避できます。

しかし、キャットフードの成分が合わない場合もありますので、無理は禁物です。おかしいと思ったときは獣医師の診断を受けてください。

モグニャンに切り替えるときのコツってある?

変化を嫌う猫に対して、いきなりフードを切り替えると食べてくれなかったり、消化器官に負担をかける場合があります。

初めは現在のフードにモグニャンを10%ほど混ぜて食べさせるようにしましょう。

猫の食いつきや体調の変化に気を付けながら、10日間かけて混ぜる割合10%ずつ増やしていきます。

食べなくなったり、体調に変化が起きたときは、慌てずこの割合を1段階戻して様子をみます。

猫がモグニャンを食べない、食べなくなった

好物をトッピングしたり、ぬるま湯やスープでふやかすと食べてくれる場合があります。

体調不良を訴えている可能性もありますので、投与の継続は慎重に判断しましょう。

モグニャンの口コミ・評判

モグニャンの口コミと評判を調べるにあたり、公式やアフィリエイトサイトの情報はアテになりませんので、生の声を集めるべく、TwitterのつぶやきとAmazonの商品レビューで調べてみました。

Twitterでの評判

Twitterではモグニャンの食いつきに関するツイートが多く見受けられました。また一部では、やはり広告を嫌うツイートも。

Amazonでの評判

生後7か月の猫にロイヤルカナンの成長期用と併用して3ヶ月程あたえています。「とんでもなく しょっぱい」とのことだったので心配で口に含んでみました。が、どちらも違いは感じられず、個人的には薄いしらす風味だと思いました。広告がしつこいので印象が悪いのかもしれませんが、うちの猫は元気によく食べてくれています。
突然の皮膚アレルギ-対応のため、また、尿路対応もしているという事で、口コミを信じて購入して与えたところ・・3か月ほどたったころから、なんとなく元気がなくなり、獣医へ連れて行ったところ尿路結石の手前という事で、白い粉が尿管に詰まっていました。数回獣医へ通い、手で出して頂き、元気になりました。危うく、命を落とすところでした。アレルギ-も治らず尿路結石にもなり、かわいそうなことをしてしまったと大反省です。合うあわないは有るかと思いますが、良く調べて購入することをお勧めします。専用サイトにて購入してしまいました。アマゾンの口コミを読めばよかったと思いました。
我が家のにゃんはフードアレルギーで慢性的に血便が出ます。現在療法食で治まっていますが、他のフードも食べさせたいと思い、ネットで評判が良かったもぐにゃんを購入しました。しかし、一週間程試しましたが、血便が酷くなったので止めました。単にお魚が合わなかったのかもしれませんが、ネットの評判はアフィリエイト目的のステマの可能性も高いので愛猫家の皆さんは気を付けましょう。カナガンも検討しましたが、Amazonのレビューを見て購入は止めようと考えています。血便の出るフードアレルギーのにゃんに何か良いフードはないでしょうか?

Amazonでモグニャンの商品レビューを見てみると、とんでもなく評判が悪いことに驚かされます。

特に猫に与えて血便、尿路結石が出たという信じられない内容が目立ちます。しかし、よく見ると、どのレビューもアレルギー持ちの猫に与えていることに気がつきました。

おそらく、心無いアフィリエイトサイトのデマを真に受けてしまったものと思われます。

まず、モグニャンは療法食でも、アレルギー対策のフードでもなんでもないので、病気の猫に与えて具合が悪くなるのは当たり前です。
モグニャンの成分表にはナトリウムの量が記載されておらず、塩分濃度は普通のキャットフード同じか、やや高めの可能性がありますので、腎臓病や尿結石などの疾患がある場合はむしろ控えるべきです。

ただ、気持ちはわかりますが、販売メーカーがAmazonの商品詳細で誇大表示していたり、嘘のレビューを載せたりしているわけではないので、よそのサイトの苦情をAmazonに書くのはちょっと違うような気もします。

まとめ

ネットでは賛否の分かれるキャットフードですが、モグニャン自体は、高品質の原材料を使い、危険な添加物無添加のとても良いキャットフードです。

そもそも、モグニャンは療法食などではなく、アレルギーの対策にもなりませんので、アフィリエイトサイトに何と書いてあろうと、公式サイトに書いていない以上は一切信じてはいけません。

デリケートな猫に与えるのであれば、必ずメールや電話で確認してから注文するようにしましょう。

-キャットフードの評価と解説
-, ,

Copyright© キャットフードナビ , 2019 All Rights Reserved.