キャットフードの選び方 特徴・用途で選ぶ

猫の体調や体質、病気から選ぶ

更新日:

猫の体調や体質、病気から選ぶ

猫の体調や体質、病気から選ぶ

ところで、フードを変えた方がよいとされる猫の体質にはどのようなものがあるのでしょうか?

一般社団法人ペットフード協会でも、この分野においてははっきりとした定義づけがなされていないようです。

ですが、どのような猫ちゃんに向けたフードであるのか、用途についてはフードのパッケージに表示が記載されています。

愛猫に気になる症状が現れている場合は、この表示を参考にして選ぶとよいでしょう。

では、どんな表示があるのでしょうか?

  • 肥満
  • 毛玉ケア
  • 下部尿路の健康維持
  • 室内ねこ用

スーパーなどで販売されているフードの表示でも主にこのようなものがあるかと思います。

その他にも、動物病院で処方される療養食もあります。

何らかの疾患を抱えて療養食を選ぶ場合は、医師の指示に従ってください。

キャットフードの原材料(成分)で選ぶ

キャットフードはさまざまな原材料で構成されています。

お手元のキャットフードのパッケージを見てみましょう。

原材料欄のいちばん始めに記載されている原材料が、いちばん多く使用されている原材料です。

下に行くほど、含有量は少なくなります。

それではキャットフードの成分表示を元に、使用される原材料の主なものについて解説したいと思います。

  • 肉類
    チキン、ターキー、ビーフ、ラムなどの肉類です。

    日本語で「鶏、七面鳥、牛、羊」の表記である場合もあります。

    肉食動物である猫のためのごはんとなるキャットフードは、この表示が上位にあるものが望ましいです。

    含まれる栄養素は、主にタンパク質や脂質となります。

  • 魚類
    サーモン、まぐろ、かつお、いわし、舌平目などの魚類です。

    かつお節が使われているものもあると思います。

    キャットフードの表示では、肉類の代わりに、これらの魚類の表示がある場合もあります。

    含まれる栄養素は、主にタンパク質や脂質となります。

    肉類同様に、魚類をメインに使用したフードも猫にとって望ましいフードと言うことができます。

  • 穀類
    小麦、大麦、米、玄米、とうもろこしなどの穀類です。

    猫は肉食動物なので、もともとこの穀類の消化に適した体の構造になっていません。

    穀物を消化する酵素を持ち合わせていないのです。

    なので、猫によっては、消化不良を起こしたり、アレルギーを発症したりする場合があります。

    ですが、キャットフードにはよく含まれている食品でもあります。

    理由として、穀類は安価であるため、つなぎやかさ増しのために多く用いられるのです。

    最近はキャットフードの表示に「グルテンフリー」や「グレインフリー」という言葉を目にすると思います。

    これはどういう意味なのでしょうか?

    「グルテンフリー」

    小麦などの穀類に含まれるタンパク質を使用していないという意味。

    グルテンは小麦アレルギーの原因となる物質です。

    小麦アレルギーの人は、このグルテンという物質を摂取することができません。

    「グレインフリー」

    穀類を使用していないという意味。

    グルテンフリーよりも広い範囲で穀類の使用を制限しているということになります。

    近年見られ始めたこの表記は、穀類の消化に適さない猫の体に少しでも配慮したフードを与えたいという、飼い主の意識が高まっているためではないでしょうか。

    ※この事柄については、別の項目にて詳しく触れていきたいと思います。
    (「危険なキャットフード」「穀類などの好ましくない原料」へリンク)

  • その他
    さつまいも、じゃがいも、豆など、芋類や豆類を使用しているキャットフードもあります。

    これらに含まれる栄養素は、ミネラル、食物繊維、ビタミン、糖分などです。

    食物繊維は、腸内環境を整えるのに適しています。

    腸の中をきれいにして便秘を予防したり、飲み込んだ毛玉を排出させやすくします。

    ミネラル、ビタミンは体の代謝、免疫力を高めるのに欠かせない栄養素です。

    糖分は、体が活動をするエネルギー源となります。

  • 添加物
    添加物は、食いつきを良くするために香りづけをしたり、色をよく見せたり、酸化防止や保存のために人工的に添加される化合物のことです。

    人間用の食品にも含まれていますが、体の小さな猫に与える際は十分に注意が必要な物質です。

どの材料が多く含まれているフードを選べばいいのか、考え方は飼い主さんそれぞれおありだと思いますが、筆者は肉類または魚類を多く含むフードを選ぶことをおすすめします。

何故なら、猫は完全肉食動物であり、肉や魚のタンパク質から多くの栄養を摂取することができる動物であるからです。

参考:ライフステージ別のフード|一般社団法人ペットフード協会

参考:ペットフードの種類|一般社団法人ペットフード協会

-キャットフードの選び方, 特徴・用途で選ぶ

Copyright© キャットフードナビ , 2019 All Rights Reserved.