キャットフードの種類

キャットフードの種類

更新日:

キャットフードの種類

キャットフードの種類

dryfood
現在ではペットショップや通販サイトで、様々な種類のキャットフードが販売されています。

キャットフードの種類は、含まれている水分量によって大きく分類されます。

水分量10%以下の「ドライフード」、水分量75%以上の「ウェットフード」の2種類が主流です。

さらに水分量25~35%程度の「セミモイスト」という、ドライフードとウェットフードの中間的な位置づけのフードもあります。

種類ごとに、それぞれどんな違いがあるのかを知っておくと購入しやすくなるでしょう。

上記のキャットフードの形状以外にも、キャットフードを目的や特徴で分類することもできます。

穀物を一切使用していないキャットフードのことを指す「グレインフリー」などがそれにあたります。

また、キャットフードは「子猫用」や「成猫用」、「シニア用」などライフステージ別(年齢別)での販売もされています。

その他にもアメショー用やラグドール用など、猫の種類別にキャットフードを販売しているメーカーがあります。

猫の種類に合わせて期待できる効果などが書かれていて、効果を特別期待できるかは分かりませんが、成分は調整されています。

猫の種類でキャットフードを選ぶのも良いかもしれません。

それでは、それぞれのキャットフードの特徴やメリット・デメリットについて解説します。

ドライフード

ドライフードは、「カリカリ」と呼ばれたりもするキャットフードです。

栄養バランスが高く、猫の基本食として毎日の食事に取り入れられています。

ドライフードは水分量が少なく、しっかり密閉管理すれば長期保存をしやすいといった特徴があります。

乾燥しているので、ドライフードを与える際にはお水も一緒に用意してあげましょう。

ドライフードは適度に硬さがあるので、歯周病の予防やあごを鍛えるといった効果も、実はあります。

しかし、硬さのあるドライフードは歯が生えそろっていない子猫に与えるのは好ましくありません。

歯が生えそろってから与えるようにすると良いでしょう。

ドライフードを好まない猫は、歯やあごが弱くなるという説もあります。

  • ドライフードのメリット
    添加物が少ない
    長期保存がしやすい
    栄養バランスが良い
    歯垢の除去や、あごが鍛えられる
  • ドライフードのデメリット
    湿気がこもるため冷蔵保存は不可

ウェットフード

ウェットフードは、魚や肉をほぐした形状のフードのことで、主に缶詰やパウチなどで販売されています。

ドライフードより水気が多く、消費期限が短いといった特徴があります。

猫は、とろみのあるものを好む傾向にあります。

ウェットタイプのキャットフードは、味の種類が多いので好き嫌いの多い猫にも適しています。

魚や肉の香りや食感が残っており、猫にとって満足度が高いフードだと言えるでしょう。

実は猫の食いつきが最もいいのがウェットフードと言われています。

体調や年齢によって硬いドライフードが食べられない猫には、ウェットフードのほうが適しています。

開封後は腐敗しやすいので、放置せずに20分以内には片付けるようにしましょう。

  • メリット
    柔らかくて食べやすい
    肉の風味が強く嗜好性が高い
    水分補給にもなる
    一食分の梱包のため鮮度が保たれる
  • デメリット
    価格はドライフードに比べて割高
    開封後は腐敗しやすく、注意が必要
    歯垢、歯石が付きやすく、口臭の原因に

セミモイスト

ジャーキーや半生タイプのフードなど、水分量が25~40%ほど含んだ柔らかいキャットフードを、セミモイストと言います。

セミモイストは、ドライフードとウェットフードの両方の特徴を併せ持っていて、食いつきが良いです。

キャットフードというよりも、おやつに多いタイプかもしれません。

独特の食感を楽しめることからドックフードではよく見られますが、キャットフードでは少ないタイプです。

食いつきが良いため、ドライフードが苦手な猫や食欲が低下している猫に適したフードです。

しかし半生の状態であるため、細菌繁殖や腐敗を防ぐための添加剤が含まれているフードも多いです。

セミモイストタイプのキャットフードを買う際には、危険な添加物が使用されていないかを成分表示で確認しましょう。

  • メリット
    食いつきが良い
    長期的な保存が可能
    食欲不振やドライフードが苦手な猫にも最適
  • デメリット
    添加物が使用されているものが多い

-キャットフードの種類

Copyright© キャットフードナビ , 2019 All Rights Reserved.