キャットフードの種類 キャットフードの選び方

猫の療法食の選び方・与え方

更新日:

猫の療法食の選び方・与え方

ペットが何かしらの病気を引き起こした場合は、これまであげていたキャットフードから「療法食」に切り替えなければいけないことがあります。

療法食をあげることで、特定の病気のケアに適した栄養を効率よく摂取することができます。

今や猫用の療法食は数多く販売されているため、万が一にも愛猫が何かしらの病気を患ったとしても、食事面からケアすることが可能です。

というわけで、ここではそんな猫の療法食についてまとめてみました。

猫の療法食とは

療法食とは、特定の病気をケアする目的で開発されたペットフードのことです。

適応症にあわせて栄養バランスが細かく調節されているため、愛猫の空腹状況を満たしつつ健康状態を改善・維持できます。

私たち人間も、発症した病気によって食事の内容を変えることがあります。

猫についてもこれと同じように、病気次第では食事管理を徹底しなければいけません。

このように、食事管理によって病気の改善、ケアを試みる方法を食事療法といいます。

現在は猫用の療法食が数多く製造・販売されており、猫の病気にあわせて適したものを購入できます。

愛猫の状態を正しく理解し、そしてそれに合う療法食を選ぶことさえできれば、特別難しい治療が必要になることはありません。自宅でも問題なく食事療法を進めていくことができるでしょう。

猫の療法食の選び方

キャットフードに関する研究・開発は年々進んでおり、今や数多くの種類の商品が販売されています。

猫用の療法食についても数多くの種類を見つけることができますが、その中から愛猫に適したものを選ぶためには、何を意識するといいのでしょうか。

療法食には獣医師の指導が必要

療法食もペットフードの一種ですが、ただペットの空腹状況を満たすためだけのものではありません。

特定の病気のケアを第一の目的としているため、大げさに言えば治療薬の一種と捉えることもできます。

そんな療法食を用いた食事療法は、いわば治療の一環。

ペットの医学について専門知識を持たない方が、勝手に判断して購入したり与えたりするのは禁物です。

どの療法食を与えるかについては獣医師さんによる適切な判断を仰ぐようにし、また与える方法についても指示された内容をきちんと守るようにしましょう。

療法食の種類

猫の病気には、慢性腎臓病のようにどんな猫でも発症する可能性がある病気もあれば、特定の生活環境や習慣によって発症することがある病気もあります。

このような猫の病気を治療・ケアするのに欠かせない療法食ですが、ではどのような種類のものがあるのでしょうか。

たとえば、猫を飼ううえで特にお世話になることが多いであろう療法食として、腎臓ケアを目的とするものがあります。

腎臓の負担になりやすいリン、ナトリウムといった栄養素が含まれていない、逆に腎臓病の進行を抑制する効果が期待できるオメガ3脂肪酸を含んでいる商品が多く見られます。

また、尿路結石の原因であるミネラル成分の含有量が調節された、下部尿路疾患の療法食も多く販売されています。

そのほか、糖尿病治療に用いる療法食、特定の食物アレルギーに対応する療法食などもあります。

病気にあわせて、適した療法食を与えてあげましょう。

療法食の与え方

健康な猫に与えるキャットフードについても、その与え方に細かい決まりや注意点があります。

もちろん療法食についても、決められた与え方、注意すべきポイントがあります。

猫たちにとって療法食は、健康管理をするための治療薬同然です。健康的に生きるために欠かせないものではありますが、その扱い方を誤ると本来の効果を得ることはできません。

扱い方次第では、むしろ愛猫にさらなる負担をかけてしまうおそれもあります。

たとえば、より早く元気になってほしいという気持ちはわかりますが、だからといって決められた分量以上に与えるのは禁物です。

決まった分量ずつ与えることでケア効果を発揮するように計算して作られているので、無闇に与えると逆に悪影響を及ぼすおそれがあります。

このほかにも、療法食の与え方について注意すべきポイントは多々あります。

具体的な内容についてまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

また、愛猫が療法食を口にしてくれない場合の対処法についても、あわせて紹介しています。

せっかく優れた効果がある療法食を手に入れても、愛猫が食べてくれなければ意味がありません。

そういった事態を避けるための工夫についても、ぜひ知っておくことをおすすめします。

適切な与え方が必要

療法食はどのようにして与えるのがいいのでしょうか。

重要なのは、獣医師から指示された期間を守って与えることです。療法食による食事療法はれっきとした治療の一環であるため、無闇にだらだらと与え続けるのも体に毒です。

また、獣医師の指示を仰ぐことなく自己判断で購入する、療法食とは別に無関係なおやつを与える、といったこともしないのも守るべきポイントとして挙げられます。

これらの注意点をきちんと守ったうえで、正しく食事療法を進めていきましょう。

では、これらの注意点について、それぞれ詳しく見ていきたいと思います。

療法食=予防食ではない

すでに何回か説明したように、療法食を用いた食事療法は治療の一環です。

療法食には特定の病気を治療するための栄養素がバランスよく含まれており、それを正しく摂取することで体の不調をケアします。

しかし、療法食にケア効果はあっても、予防効果はありません。

健康な猫に与えたからといって、今後病気をしにくくなるわけではないので注意してください。

むしろ、健康な猫に与えてしまうと、体に悪影響を及ぼすおそれがあります。

療法食は、特定の病気を治療するための栄養素をバランスよく含んでいるものの、健やかな成長をサポートするための栄養素については不十分です。

栄養不足に陥るおそれがあるため、くれぐれも健康な猫には与えないようにしましょう。

療法食は決められた期間を守る

療法食は特定の病気をケアするための栄養素は豊富に含んでいますが、一方で健康管理に必要な栄養素が不足しているものが多いというデメリットもあります。

そのため、長期にわたって療法食を与え続けていると、栄養不足に陥る可能性があります。

このことから、ほとんどの療法食は推奨する使用期間が設けられています。

獣医師が指示した期間を超えて与え続けないようにしましょう。

逆に、指示された期間よりも早く切り上げるのもいけません。

仮に症状が治まったとしても、そこですぐに療法食をやめてしまうと再発するおそれがあります。

短すぎず長すぎず、獣医師に指示された使用期間を守って与えましょう。

勝手に自分で買わない

愛猫が慢性腎臓病や下部尿路疾患など、何かしらの病気を発症したとき、療法食の購入を検討される飼い主さんは多いのではないかと思います。

現在はペット用医薬品を専門に取り扱っている通販サイト、療法食のみを販売する通販サイトが増えています。

このような通販サイトを利用すれば、24時間いつでも好きなタイミングで注文することができるでしょう。

しかし、いくら便利だとはいえ、通販サイトを使って購入するのはおすすめしません。

療法食は病気や症状にあわせて、栄養素が特別な配分で混ぜられています。

通常のキャットフードと同じ感覚で与えてしまうと、かえって猫の健康状態を損ねる危険性があります。

療法食を必要とする際は、必ず動物病院で受診し、獣医師が選んだものを指示された通りに正しく与えるようにしましょう。

食事療法中は勝手におやつをあげない

最近は猫のおやつとして販売されている商品が増えています。

?日決まった時間に与える食事とは別に、ときどきおやつを与えているという飼い主さんも多いのではないでしょうか。

療法食を与えている期間中は、そんな猫のおやつを勝手に与えないように注意する必要があります。

「頑張って療法食を食べてくれているから、たまにはご褒美でおやつをあげたい」と思われるかもしれませんが、これは猫にとって逆効果になるおそれがあります。

おやつとして作られている商品には、病気の治療に不適切な栄養素が多く含まれていることがあります。

そのため、勝手におやつを与えると治療の進行具合に支障をきたすかもしれません。

どうしてもおやつをあげたい場合は獣医師に相談し、適切なアドバイスを受けるようにしましょう。

療法食を食べないときは

愛猫の病気をケアするために療法食を与える場合は、これまで与えていたキャットフードから急に切り替えないように注意しましょう。

通常のキャットフードと療法食では、含まれている栄養素やその配合量がまったくといっていいほど異なります。

そのため、急な切り替えを行ってしまうと消化器官がその変化に対応できず、嘔吐や下痢、軟便といった胃腸症状を引き起こすおそれがあります。

上記のような症状が現れなかったちとしても、消化器官に大きな負担がかかることは間違いないでしょう。

また、いきなりキャットフードが変わると、新しく与えられたものをまったく口にしない猫もいます。

このような問題を避けるためには、療法食に切り替える際は獣医師と相談のうえ、正しい方法で切り替える必要があります。

また、猫が療法食を食べてくれなかった場合の対処法を知っておけば、万が一の場合にもスムーズに対応することができるでしょう。

というわけで、療法食を食べてくれないときの対処法、消化器官への負担を減らす切り替え方についてまとめてみました。

お湯でふやかす

療法食を食べてくれないときの対処法として、ドライフードであればお湯でふやかすのが有効です。

ふやかすことで食感に変化をつけてあげれば、それによって食べてくれるようになるケースは多々あります。

また、療法食を温めることで香りを引き立たせることができるのもポイントです。

匂いに敏感な猫は、強い香りを放つキャットフードへの食いつきがいい傾向にあります。

療法食がウェットフードの場合も、レンジで温めることで香りを引き立たせることは可能です。

簡単にできる対処法なので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

好きな食材をトッピングする

療法食を食べてもらうための工夫として、猫が好む食材をトッピングするのもおすすめです。

特に鶏肉の茹で汁や少量の鰹節は風味付けに効果的なので、猫の食いつきが良くなる可能性があります。

ただし、鰹節は塩分やリンといった栄養素が多く含まれています。

下部尿路疾患や慢性腎臓病を患っている猫にとって、これらの栄養素は天敵。

獣医師に相談したうえで、適量をトッピングするなり別の方法で食べてもらえるようにするなり工夫しましょう。

また、これまで与え続けていたキャットフードを少量混ぜてあげるのも効果的な方法です。

徐々に療法食の分量を増やしていけば、最終的には療法食だけでも食べてくれるようになる可能性があります。

徐々に切り替える

キャットフードをローテーションするときは、10日間ほどかけて徐々に切り替えていくのが一般的です。

この切り替え方は、療法食を始めるときにも使えます。

これまでのキャットフードと療法食を混ぜて与え、翌日からは徐々に療法食の分量を増やしていきます。

そして10日目を目処に、すべてを療法食に切り替えます。

こうすることによって体への負担を抑えつつ、療法食の味に慣れてもらうことができます。

まとめ

どんな猫でも発症するリスクがある慢性腎臓病をはじめ、下部尿路疾患や糖尿病など、猫の病気はさまざまです。

これらの病気を治療するためには、療法食を用いた食事療法が効果的です。

ただし、これはれっきとした治療の一環であり、使用する療法食はいわば薬のようなもの(厳密には薬ではありませんが)。

獣医師から適切なアドバイスを仰いだうえで、その指示通りに正しく与えることが大切です。

指示された使用期間を過ぎても与え続ける、あるいは逆に症状が治まると同時にすぐ与えるのをやめる、といったことはしないようにしましょう。

また、自己判断で与えるものを変えたり、療法食以外のものを与えたりするのも控えましょう。

-キャットフードの種類, キャットフードの選び方

Copyright© キャットフードナビ , 2019 All Rights Reserved.