キャットフードの選び方 特徴・用途で選ぶ

猫種で選ぶ

更新日:

猫種で選ぶ

猫種で選ぶ

猫は、種類やボディタイプによって筋肉量が違ったり、短毛か長毛かで被毛を保つために必要な栄養量が異なります。

(猫は種類によって体型が異なりますが、この体型のことをボディタイプといいます。)

また、猫種によって体質が異なり、かかりやすい疾患などが異なってくるため、その猫に合わせたフードを選ぶ必要があります。

猫種ごとに栄養量を調整したキャットフードを製造販売しているメーカーも存在します。

ですが、一般社団法人ペットフード協会によると、猫種別のフードに対しての定義は今のところ無いようです。

では、ウチの愛猫にはどのようなフードを選んだらよいのでしょうか?

その中でも主なものをあげていきます。

チンチラ

美しく長い被毛をたたえた猫種のチンチラは、基本的におっとりした性格の子が多いと言われています。

ですが、長い被毛を毛づくろいしてお手入れするために、胃腸に毛を溜めやすく、毛玉を吐きやすい猫であると言えます。

ヘアボールの対策のために、食物繊維を多く含むフードを与えるとよいでしょう。

チンチラには以下のようなフードを選ぶとよいでしょう

「チンチラ用」や「長毛種用」の表記があるもの

「毛玉(ヘアボール)対策」の表記があるもの

ベンガル

原種に近い猫種であるヤマネコとの交配種であるベンガルは、温和で甘えん坊の性格だと言われていますが、好奇心が旺盛で、運動量が多くなる子が多い傾向があります。

また、胴体が長く、がっちりとした筋肉質の体型をしているため、その美しい筋肉を保つタンパク質を多く必要とします。

ベンガルにとって理想的なのは、タンパク質の含有量が35%以上あるフードです。

これは、タンパク量を多く摂取することで基礎代謝を上げ、太りにくい体質を維持することにも役立ちます。

ベンガルには以下のようなフードを選ぶとよいでしょう。

タンパク質を多く必要とするため、グルテンフリーやグレインフリーのもの

マンチカン

丸みのある顔に短い脚、その愛らしい見た目で人気の猫種です。

他の猫種に比べると、その体型のせいで運動不足になってしまう子が多いと言われています。

また、臆病な子が多いと言われていて、ストレスの対策にも気を配る必要があります。

健康面に一層の配慮をしてあげないと、思わぬ病気になってしまうこともしばしばです。

特に、摂取カロリーとフードの成分表示は気を付けて見てあげるようにしましょう。

マンチカンには以下のようなフードを選ぶとよいでしょう。

肥満の予防のために炭水化物を抑えた、グルテンフリーやグレインフリーのもの

免疫力を高めるビタミンやミネラルを多く含むフード

スフィンクス

体表を覆うのはわずかな産毛のみ。

猫っぽくない、まるで遠い宇宙から飛来したかのような見た目で、猫好きに非常に人気の猫種です。

毛玉への配慮は少なく済みますが、しわの多い体表に皮脂を溜めやすいため、脂っぽくなりやすく、皮膚病には注意が必要です。

体を拭いてあげるなど、こまめなケアを欠かさないようにしましょう。

また、スフィンクスは遺伝的に心臓疾患を抱える子が多いと言われています。

スフィンクスには以下のようなフードを選ぶとよいでしょう。

皮膚疾患予防のため、低アレルゲン食材(サーモン、ターキー等)をメインに使用したもの

グルテンフリーやグレインフリーのもの

ソマリ

アビシニアンの長毛種であるソマリは、アビシニアンの活発で好奇心旺盛、フレンドリーな性格をそのまま残しています。

襟や尻尾にマフラーのようなたっぷりとした被毛をたたえ、まるで女王様のような気品にあふれていますが、その好奇心から運動量が多く、タンパク質を多く必要とします。

また、泌尿器系や皮膚の疾患にかかりやすい子が多いと言われていますので、その点でも注意が必要です。

ソマリには以下のようなフードを選ぶとよいでしょう。

かかりやすい疾患である下部尿路の疾患に配慮したもの

タンパク質を多く必要とするため、グルテンフリーやグレインフリーのもの

皮膚疾患の予防のため、低アレルゲン食材(サーモン、ターキー等)を多く使ったもの

-キャットフードの選び方, 特徴・用途で選ぶ

Copyright© キャットフードナビ , 2019 All Rights Reserved.